調理加工

​健康

素材へのこだわり

素材

有機JAS規格農法で生産された野菜

農林水産省のガイドライン「有機JAS規格」に沿って、農薬や化学物質に頼らず、自然界の力で生産された有機野菜を主に使用しております。

土の香りのする野菜

有機JAS規格認定であっても水耕栽培の野菜はミネラルが不足している場合があります。

土耕栽培の有機野菜にこだわり、ミネラルをより多く含んだ味が濃くて風味が豊かな野菜を使用しております。

肥培管理された野菜

科学的根拠に基づいて土壌分析をし、「有機JAS規格認定」の取れる資材を使って肥培管理を行っている生産者の野菜は、野菜の質が均一化され、安定した生産管理が可能になります。

​年間を通じて質の高い旬の野菜が手に入るよう、生産者との協力体制を保ちながら、安定した仕入れをおこなっています。

赤身がうまい!高知県「土佐あかうし」

「幻の和牛」ともいわれる高知県産の「土佐あかうし」

もともと筋肉質であった農耕牛を時間をかけて肉食種に改良し、その赤身は脂が少なく、甘みと栄養分が豊富なのが特徴の土佐褐毛牛です。

年間出荷数がわずか700頭ほどの希少価値の高い和牛を、全頭買いをして使用しています。

大自然に恵まれた瀬戸内の海産物

瀬戸内海は浅瀬が多く、四方の山々から溶け込んだ栄養分によりプランクトンが発生しやすい環境です。豊富な餌を食べ瀬戸内海の潮流の中を泳ぎ回った魚は身が引き締まり旨味が凝縮された美味しい魚に成長します。

その瀬戸内海で採れたマダイやサワラ、スズキなどの新鮮な魚を毎日仕入れています。

 

(ただし、悪天候で新鮮な物が仕入れできない場合は、養殖物を使用する場合もあります)

愛媛県内子産手作りナチュラルチーズ

チーズの本場であるイタリアに似た気候の愛媛県内子町。

そこで放牧された健康な牛のミルクから作られる、コクと風味がある本物のナチュラルチーズを使用しています。

素材